RICHO GR

c0267056_20482537.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-12-13 20:48

RICHO GR

c0267056_20452066.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-12-13 20:45

情報過多/情報取得のダイエット

久し振りにTWITTERのTLを上から下まで流して見てみて思ったのは

①情報が多すぎる
②中でもネガティブな情報が多すぎる

という2点です。

情報と脳というのは食生活に例えられる事があります。

■日々の食生活→今の身体を作る

■日々頭に入れる情報→今の脳を作る

という感じで日々の食生活が身体を変えていくように、日々取得する情報は思考や意識を変えていきます。

例えば、脂っこい食事、コレステロールの高い食事、プリン体の多い食事を続けていると
「肥満」「高血圧」「動脈硬化」「痛風」「糖尿」などへと身体を変えていきます。
この中で「肥満」は多くの人に身近な存在だったりします。
僕も現在ダイエットで食事制限をしています。
食事に気を付けてこれまでと違った食生活、食べすぎの停止によって
身体は変化して健康な身体に近付きます。

情報についても同じ事が言えるのではないでしょうか。

悪い影響のある情報ばかりを多く取り入れる(目にしている)と
その情報で考え方や意識、ひいては心の健康に悪影響を及ぼすのではと考えます。

逆に良い影響のある情報を取り入れるバランスを多くすると
考え方や意識、心の状態がプラスに作用して変化していくと考えます。

「マインドコントロール」というのは最早一般的に認められているものですが、
結局のところ「ボディコントロール」と同じで自分の心や精神というのは自分自身でハンドリングできると僕は考えています。
心理学などでも”意識は伝染する”というのは言われている事で、まさに食生活と身体と同じです。

つまるところネガティブな情報とは?

・悪いニュース(殺人事件や犯罪、悲しい出来事、人間不信になるような出来事等)
・悪口
・陰口
・愚痴
・暴言
・怒りの言葉
・悲しみの言葉
・別れの言葉
・絶望の言葉
・否定の言葉
・憂鬱な言葉
・苦痛の言葉
・呪い
・恐怖
・怨嗟
・堕落
・無気力
・不安
・差別
・自殺
etc...

とにかくキリがないほど多くあります。

更に深い所に入っていくと、例えばネットにおける「自分を取り巻く周囲・環境」というものに目を向けてみます。
・普段見ているニュースサイト
・普段見ている動画・チャンネル
・TWITTERでフォローしている人達
・インスタグラムでフォローしている人達
・FACEBOOKで友達登録している人達
etc...

大まかにはこんな感じでしょうか。
この中で特に無意識のうちに自分の心に影響を与えやすいと考えるのはSNSです。
普段使用頻度の高いSNSが自分の心に与える影響はやはり大きいと思われます。
与える影響という言い方では軽いかもしれません。
自分の心を形成してしまう部分が大いにあると思います。

話を少し逸れますが、
例えば幼稚園ぐらいの小さい頃、あんなに毎日が楽しかった時に自分を取り囲む環境はどうだったでしょうか。
優しい親、優しい先生、優しい祖父母、、、自分に入って来る情報はポジティブなもので愛情に溢れていたのでは。
小さい頃は取得する情報は限られたもので、親等に守られていなかったでしょうか。


ニュースサイトに比べてSNSが無意識に危ないのは、
自身が情報の取得選択をするのではなく、
全ての情報が自分に入って来る点です。

今日僕がTWITTERのTLを上から下まで流して見ていた時に、
ポジティブ傾向と思う情報、ネガティブ傾向と思う情報、全てが飛び込んで来ました。


これは人によっては更に偏った傾向になっているのではと思われます。
ネガティブな人が多すぎる環境にある人のSNSなどはその影響が大きいと思います。
先の食生活に例えた極端な言い方をしてしまうと、
毎日大量のジャンクフードやコーラを大量摂取しているような状態です。


全ての情報が悪い訳ではありませんが、ネットの場合ネガティブな情報の方が多いのが常です。
匿名性が高い以上これは仕方がない事なので取得する情報は自分で選択するという意識が今の時代は必要なのかと思います。

人の心というのは自身で考えるよりももっと単純で、本当に身体と食生活の様なもので、
環境や摂取するもので大きく変化します。

僕も気を付けていきたいと思います。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-11-28 00:38

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_21564635.jpg
悪い事というのは確率論など無視して重なっていく。

昔読んでいた漫画の中のセリフで、読んでいてゾッとした覚えがあります。
確かにその通りの部分があって舌の根も乾ききらない内に次から次へと畳みかけるように襲い掛かってくる事があります。

ただ、物事には因果関係が存在していて、多くは「場所」に左右されるのではないでしょうか。
いつどんな環境に身を置いているか、悪い事が起きそうな場所には近づかない、離れるというのが最善だったりします。
職場における転職や、転校などはその最たるわかりやすい例かなと。

冒頭の確率論は平均値を指していて、あくまであらゆる地点での数字を合算したその平均です。
ある地点に於いては悪い事が高い確率で起きて、ある地点では悪い事が低い確率でしか起こらない、平均で見ようとするから何か得体のしれないものの様に感じてしまう。

このセリフをTWITTERで見かけ、以前の自分がゾッとしたのを思い出し、今ならどう考えるかと思ったので書いてみました。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-09-27 22:07

RICHO GR2

c0267056_00410983.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-09-07 00:41

LEICA X2

c0267056_01345724.jpg
充実した日が続くと、逆にそれが消えてしまわないか不安になる事もありますが
それを無くさないように不安を糧にして頑張っていきたいです。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-09-03 01:37

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00091835.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-29 00:09

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_23090105.jpg
承認欲求というものがあります。
私はTWITTERをしていて、たくさんの人をフォローしています。2つアカウントがあり、合計で200人弱ぐらいでしょうか。タイムライン(TL)を日々眺めていると承認欲求というものについて考えさせられる事が増えました。これは男性も女性も、勿論自分もです。

TWITTERには性質上、承認欲求と同意欲求が多くある様に思います。
承認欲求の根底にあるのは「快感」です。
同意欲求の根底にあるのは「安心」です。

私は以前、動画サイトに自作の曲をアップしていました。その時にお気に入りに登録してくれる数が多かったり、コメントが多かったり、DLされる数が多い時は、非常に気持ちが良く一言で言うと快感でした。そしてそれが当初の楽曲作成動機の「良い曲を作りたい」から→「気に入って貰える曲を作りたい」に変わる迄そこまで時間はかかりませんでした。そこから楽しい曲作りが楽しさよりもプレッシャーや不安の占める割合が大きくなりました。

何が言いたいのか、
承認欲求から得られる快感は人の行動や動機をいとも簡単に変えるほどの力を持っているのです。
そうして、その強さを知らずにいる事が場合によってはリスキーでとても怖いのです。
というのも、いつの間にか目的や動機がすり替わっている場合、本来の自分の欲求とは違うアクションを起こしていて周囲から見ると人格が変わったようにさえ見える事があります。

TLに流れてくる人の中でそれなりの地位にいる男性が、承認欲求によって本来は1対1でシークレットであるはずのDMを良いね欲しさにわざわざ公開しているのを見て改めて怖いなと思って書きました。

承認欲求の怖さは、快感という側面がある事です。
仕事や綺麗になりたい、といったものの場合はその承認欲求が人を良い方向に持っていきます。認められて嬉しい、だからもっと仕事頑張ろう、もっと綺麗になろう、これは承認欲求がその先もプラスに転じていきます。
わかりやすく言うと「認められたいから何をしよう」という目的の優先順位が承認の方へ入れ替わっている時が今回の記事の要点です。

私も写真や音楽という、承認欲求と密接な趣味を持っているので、自分の承認欲求と上手に付き合っていければと思います。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-28 23:29

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_19452342.jpg
フサフサが何だか可愛いです。
SNS系は余計な情報が次から次へとフィルタ無しで入ってしまうので少しの間だけやめてみようかな。少しの期間でも止めれる気は中々しませんが。。。笑

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-24 19:46

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_19312748.jpg
調子の波、というのは色々な面にあって、時期によって変わるのは当たり前だったりします。多分いま自分は普段とは違うのかなと思います。
不調、という訳ではないですが、不慣れな事に初めて向き合っているからなのか、どの選択や行動がベストなのかわからないという感じでしょうか。そうなってくるとコミュニケーション中のひとつひとつなども不安に感じてきたりもします。

恐らくそう簡単に何度も経験するものでもなさそうな事ではありますが、私の場合ここ数年そういった出来事に出くわす事が皆無でバランス感覚といったものが今一時的に不調の状態なのかもしれません。
無理をしている、とかではなく、うまくやれない自分がもどかしいという状態ですね。

調子の波、と最初に書きましたがやはりこれは波のようなものかと感じます。
良い時もあれば普通の時もあればいまいちな時もある。その波を何回か経ていくうちにこなれてきて、落ち着くのかなと、だいぶ前の経験を頼りに考えたりします。心配なのは自分がこの、うまく色々立ち回れていない時期に、それを起因に崩れてしまわないかという事です。1,2週間もすれば慣れてくるのでここは自分との勝負という感じでしょう。


[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-24 19:44

RICHO GR2

c0267056_15430774.jpg


[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-24 15:49

LEICA X2

c0267056_00405732.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-24 00:41

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_23532216.jpg


[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-22 23:55

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_02265781.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-21 02:27

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00121154.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-21 00:12

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_23445401.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-20 23:45

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_23294096.jpg
弱さの部分が普段顔を出さないのに出してきたりする。
情けないと思いつつ、それでも強くありたいと思う。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-20 23:42

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_15435036.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-20 20:07

RICHO GR2

c0267056_00052328.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-20 00:05

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_23523258.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-19 23:52

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_02355485.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-18 02:36

LEICA X2

c0267056_01581708.jpg
先の記事の心配性の件、直後に人に話す機会があって話したら「そんなの知ってるよとっくに」という感じでした。
心配は杞憂に終わった感じで若干落ち込んでいたのがそんなに時間も経たない内に和らぎました。

ジョハリの窓というものがあって、

c0267056_02015918.png
人は自己について4つのカテゴリに分かれているそうです。
今回のはⅡとⅣの両方が同時に起きた感じですね。厳密にはⅡなのですが、Ⅳかと思っていたものが実はⅡだったのでⅣ→Ⅱに移行したという形で、自身的には両方を体感したという感覚です。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-17 02:04

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_20501158.jpg
この年になって初めて自分が心配性なのかもしれないと気が付きました。
これは結構自分には意外で、あまり嬉しくない弱い部分の発見だったと思います。

基本的にはプラス思考な人間で、多分これまでは心配な出来事をプラス方向に転換して考えたり行動に移す事で知らない間に処理してきたのかもしれません。
例えば大きな商談で心配だったりしたら、徹底して提案書を見直したり、何回もロープレをしてという感じですね。話はそれてしまうけれどそれが幸いして商談が成功したりと、人生の中では心配性な部分がプラスに作用していて、それで気付かなかったみたいな感じでしょうか。

ただ、自分に起因しない心配事というものが起きた時に、それが中々処理できなくてようやく気付いたという今更感でもありますがw
多分これは僕の性格の中の欠点のひとつなのでしょう。
色々な人が、それぞれ皆色々な欠点を抱えていて、自分から人のそういう面を見た時には「こういう欠点も含めてこの人なんだな」と思えたりします。僕のこういった側面も「心配性な人だな」と見て貰える感じならありがたいですが、どうなのでしょう。ネガティブな側面ですからね。

GOOGLE先生で心配性について調べてみたらこんな記事がありました。
メリットもデメリットも両方ある、そんな感じですね。納得できる部分も幾つかありました。


あまりこのブログにはテキストは書かないのですが、友人に話すというにはちょっと若い人が抱える悩みの様な気がして恥ずかしかったのでブログに書きました。

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-16 21:12

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00542873.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:54

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00504592.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:50

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00383502.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:38

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00371070.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:37

FUJIFILM XPRO-1

c0267056_00363401.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:36

RICHO GR2

c0267056_00342690.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:34

RICHO GR2

c0267056_00332843.jpg

[PR]
# by kojirokojiroo | 2017-08-13 00:33